飲まずにやってられっか。

ラーメンと晩酌のブログです

秋刀魚煮干し蕎麦 高倉

f:id:nomazuni:20191019094915j:image

秋刀魚の濃ゆい煮干しそば+煮玉子

弘前市豊田にある

「秋刀魚煮干し蕎麦 高倉」におじゃましました。


102号から弘前運動公園へ入る交差点、

ラーメン屋や居酒屋が短期間で入れ替わる場所に

先月オープンした新店です。

 

弘前経済新聞の記事によると、

ゼットンやビリーを手掛ける

ノンズカフェの系列のようですね。

たかはし中華そば店や高崎にあったにぼShin.でも

修業を積んでいたって書いてありましたけど、

じゃあなんでノンズカフェ?w

 

夜7時過ぎに訪問しました。

店の外には魚出汁の良い香り。

スタイリッシュな外観も好印象です。

店内は窓に面したカウンターが6席に小上がりが3卓。

待合スペースもあり、スペースを広く使っていて窮屈さがありません。

 


f:id:nomazuni:20191019094922j:image
f:id:nomazuni:20191019094918j:image

メニューは秋刀魚の濃ゆい煮干しそばを筆頭に、

煮干しと鯛、まぜめんの構成。

券売機とメニュー表で微妙に表記が異なるのが

気になってしまう性格です。

 

オープン当初は濃ゆい中華そばのみの提供でしたが、

現在は煮干しと鯛も始まったようです。

 

 


f:id:nomazuni:20191019094931j:image

丼の縁にはレモン。

ナルトの陰には大根おろし

 

ラーメンのトッピングとしては斬新ですね。

レモンを絞る手間がかかるのと、

大根おろしの量が少ないのがネックですが、

双方とも煮干しの苦味をマイルドにし、

甘さを引き立てる効果があり

よく考えられたトッピングだと思います。

 

一方で、これらの薬味がなくとも

十分完成された濃厚煮干白湯に仕上がっていると思いました。

秋刀魚煮干し以外にも

数種類の煮干しをブレンドしているのでしょう。

動物系スープとのバランスも良いです。

 

麺は低加水のモチモチした中太平打ち縮れ麺。

美味しい麺です。

麺量がもう少し多いと満足度がさらに上がると思います。

 

ざく切りにしたネギは見た目にも映えるし、

風味や食感がビターな煮干しによく合っています。

 

チャーシューは低温調理の鶏むね肉と豚ロースが1枚ずつ。

しっとりした食感で食べやすいのですが、

味付けにもう一工夫欲しいところ。

そのためのレモンだとしたら

予めチャーシューにレモン風味をつけた方が良いかもしれません。

 

煮玉子はしょっぱ過ぎでした。

 


f:id:nomazuni:20191019094926j:image

具材は及第点ですが

スープと麺のクオリティは高いと思いました。

近々あっさりの方もいただきに参ります。

 

ごちそうさまでした☆

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森県情報へ
にほんブログ村

 


青森県ランキング

 

鮨たか

f:id:nomazuni:20191018125234j:image

弘前市品川町にある

「鮨たか」におじゃましました。

黒滝書店の2階にあるお鮨屋さんです。

 

カウンター6席、テーブル約10席の

こじんまりとしたお店で予約は必須。

特に週末やイベントシーズンは

早めに抑えておいた方が無難でしょう。

 

飯テロ、もとい鮨テロ画像が満載なお店のSNSは要チェック。

空席のお知らせもあったりします。

 

メニューはお決まりからおまかせまで。

値段に応じて対応していただけます。

本日は職場の先輩と2人でおじゃまして

絶品おまかせコースを堪能して参りました。 

 


f:id:nomazuni:20191018125238j:image

ビールで乾杯の後は早速お酒にチェンジ。

県内の地酒から圏外の銘酒まで、

厳選された日本酒がそろっています。

 

津軽びいどろの酒器が可愛らしいですね。

 


f:id:nomazuni:20191018125221j:image

お造り。

官能的に舌に絡みつく本マグロの赤身、

しっとりやわらかな煮蛸が絶品です。

 


f:id:nomazuni:20191018125145j:image

自家製塩辛。

身は肉厚でプリップリ。

全く臭みの無い、濃厚なワタの旨味が堪りません。

これだけで2、3合はいけますね。

 

楽しみにしていたのでありつけて本当に良かったです。

 


f:id:nomazuni:20191018125212j:image

八仙緑ラベル。

ひやおろしですがぴちぴちと弾けるような旨味があります。

 

最近の八仙は目が離せません。

 


f:id:nomazuni:20191018125231j:image

厚岸産ブランド牡蠣「かきえもん」。

 

20cm以上はある超特大サイズで、

食べやすいようにと身を切り分けてくれました。

 

大きさだけじゃなく濃厚な旨味も規格外。

人生で食べた牡蠣の中で間違いなくNo.1です。

 


f:id:nomazuni:20191018125216j:image

贅沢に雲丹といくらをのせた冷奴、

「とぅーふー」。

尿酸値が高い方は要注意。

 


f:id:nomazuni:20191018125242j:image

黒龍の特選吟醸

きちんと主張はするけど料理の邪魔をしない。

吟醸酒の鑑みたいな酒です。

 


f:id:nomazuni:20191018125228j:image

マグロ赤身。

 


f:id:nomazuni:20191018125203j:image

新子。

 


f:id:nomazuni:20191018125156j:image

のどぐろ。

 


f:id:nomazuni:20191018125141j:image

赤貝。

 


f:id:nomazuni:20191018125148j:image

貴仙寿吉兆。奈良の酒。

ふくよかな米の香りがすし飯や魚の味わいを高めます。

正にお鮨のためにあるような酒です。

 

 


f:id:nomazuni:20191018125225j:image

大トロ。

 


f:id:nomazuni:20191018125207j:image

車海老。

 


f:id:nomazuni:20191018125150j:image

雲丹、いくら。

 


f:id:nomazuni:20191018125153j:image

穴子

 


f:id:nomazuni:20191018125200j:image

追加でイカ、タコ。

 

しっかりと江戸前の仕事が施された鮨は

宝石のようにキラッキラに輝いていて

食べるのが勿体ないくらいなんですが、

それを上手に表現する技術が私にはありません。

鮨を撮るのって難しいですね。

 

大将、いつもありがとうございます。

ごちそうさまでした☆

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森県情報へ
にほんブログ村

 


青森県ランキング

 

ラーメン麺雅

f:id:nomazuni:20191016174133j:image

中華そば

青森市長島にある

「ラーメン麺雅」におじゃましました。

長島小学校の近くにある人気ラーメン店です。

 

駐車場は店の前に3台。

なかなか空かなかったので

小学校の近くをグルグル回って時間を潰していたら、

しばらくして近隣の住民がでてきて

不審そうに私を見ていました。

 

警察呼ばれた?

休日で小学校に生徒はいないはずだし大丈夫でしょ?

なんて思っていると漸く駐車場が空きました。

 

店に入ると、

地元の高校生?大学生?若いお客さんで一杯。

店構え自体はどうみても老舗のラーメン屋なんですが、

ちょっと来る店を間違えたような雰囲気です。

 

店主さんと母親っぽい感じのおばちゃんの2人体制。

おばちゃんは若い子たちと仲良さげに会話をしていましたが

一見の私には塩対応。

なんだこのアウェー感。w

 


f:id:nomazuni:20191016174126j:image

メニューは中華そば以外にも鰹や

ガチ煮干し、濃口煮干し、

えびそば、つけめんなど選択肢が豊富です。

 


f:id:nomazuni:20191016174123j:image

煮干しにぎりっと醤油ダレを効かせた

THE・青森味。

かえし先行のしょっぱめ仕立てで、

独特の甘さと魚出汁のクセが特徴的です。

 

麺は柔めに茹でた中細多加水麺。

パンチのあるスープやチャーシューを受け止めるには

もう一つ麺に力強さが足りないですね。

 

麺雅最大の特徴であるチャーシューは

最近肉の部位を変えたようで、

「プロペラチャーシュー」と称された

丼にからはみ出るほど長いバラチャーシューが、

大判のロースチャーシューになりました。

さながら「ざぶとんチャーシュー」ですかね。

さらに拍子木状のチャーシューが4本入っており

一般的なチャーシューメン以上のボリュームがあります。

 

ただ、

基本的にチャーシューは全部しょっぱいので

もう少し肉の味を活かした薄味にした方が

スープとの釣り合いが取れていいんじゃないですかね。

 


f:id:nomazuni:20191016174129j:image

店を出てから気づきましたが、

道路を挟んで向かいにも駐車場がありました。

 

ごちそうさまでした☆

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森県情報へ
にほんブログ村

 


青森県ランキング

 

 

青森中華そば オールウェイズ

f:id:nomazuni:20191014095911j:image

塩煮干し中華そば(味玉入り)

青森市野尻にある

「青森中華そば オールウェイズ」におじゃましました。

札幌の超人気店「Japanese Ramen Noodle Lab Q」出身のお店です。

 

休日の開店5分前到着で先客7名。

退店時にはざっと20人は並んでいたので

良い時間帯に訪問することができました。

 

11時ジャストに暖簾がかかり、

店主さんと女性スタッフがお出迎え。

店内でもにこにこ笑顔で丁寧な言葉遣い、

相変わらず気持ちの良い接客ですね。

 


f:id:nomazuni:20191014095914j:image

前回は醤油だったので、

塩煮干し中華そば(750円)を

味玉入り(100円)でいただきました。

 

nomazuni.hatenablog.com

 


f:id:nomazuni:20191014095917j:image

小さい丼に丁寧に盛り付けられた端正なルックスです。

 

澄んだスープは繊細で優雅な煮干。

香り、旨味、塩味、全てが優しく、

それでいて、きちんと抑揚もついています。

 

麺は全粒粉を使用した中太平打ちストレート。

打ち立ての生麺はパンのような甘い小麦の香りがします。

しなやかなコシとつるつるの食感を最大限引き出した

柔らかめの茹で加減が絶妙ですね。

 

チャーシューは鶏と豚。

鶏むね肉は醤油と共通ですが、

豚はむちっと歯ごたえ強めのももチャーシューを使用しています。

醤油のレアロースチャーシューも旨かったですが、

チャーシューだけで言うとももチャーに一票です。

 

味玉は黄身がほぼ生のトロトロ。

卵そのものの風味が強いため、

優しい味わいの塩煮干しよりも、

かえしの存在感が強く芳醇な味わいのある

醤油の方が合いそうです。

 


f:id:nomazuni:20191014095921j:image

オールウェイズの煮干。

これはこれで一つの完成形でしょう。

しかし、

津軽の煮干に慣れてしまった私にとっては

ちょっと優しすぎるんだよなあ。

 

もっと攻撃的な要素があってもいいというか。

もっと責めて欲しいというか。

責められたいというか。w

ごちそうさまでした☆ 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森県情報へ
にほんブログ村

 


青森県ランキング

 

ラーメンショップ 黒石北店

f:id:nomazuni:20191012234133j:image

ネギラーメン

黒石市富田にある

ラーメンショップ 黒石北店」におじゃましました。

102号の方じゃなくて、

黒石運動公園の近くにあるラーショです。

 

何度か訪問を試みていますが

営業時間が短いのか臨時休業が多いのか

ことごとくフラれてようやく初訪問に至りました。

 

黒石平川地区の方はラーショが好きなんでしょうね。

黒石市内に3店舗、平川に1店舗、

西十和田方面のあっぷるはうすに併設されている

山形店にはまだ行ったことがありませんが、

どこも昼時は老若男女で賑わっています。

 


f:id:nomazuni:20191012234130j:image

券売機制。

メニューの構成をみると平川店と似ています。

系列なんでしょうか。

 

右下に「ねぎ増し200円」のボタンがありますが

残念ながら売切れマークがついていました。

 

200円分のねぎ増しがどんなものか

一度拝んでみたかったですが

とんこつラーメンが450円で

ネギラーメンが700円ということは

ねぎ増しが250円、

単純に2倍になるだけかもしれません。

 

nomazuni.hatenablog.com


f:id:nomazuni:20191012234124j:image

スープはラードたっぷりしょっぱめ仕様。

程よい豚骨フレーバーと化調の甘味。

 

味も平川店に似ているのできっと系列店で間違いないでしょう。

 

麺は細ちぢれ麺で弘前店ほどではありませんが

比較的柔らかめの茹で上げです。

 

ネギはニンニクと胡麻油がたっぷり効いた

濃いめのタレをさっと絡めたジャキッと固めの食感。 

 

脂身トロトロのチャーシューが旨かったですね。

 

一方、デフォルトで入っているメンマがアウト。

薬品臭いし、スープの味が変わるほど水っぽくて、

胡椒でなんとか誤魔化しましたけど

無い方がマシなレベルでした。

 


f:id:nomazuni:20191012234127j:image

卓上のラージャンとニンニク。

もちろんがっつり投入してライブ感を楽しみました。

 

ラーショのニンニクって

ラーショのスープに合うように作られているそうで

他のラーメンに入れても美味しくないんですって。

 


f:id:nomazuni:20191012234121j:image

看板にラーメン490円 って書いていますが

券売機では450円でした。

値上げ予告?

 

ごちそうさまでした☆

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森県情報へ
にほんブログ村

 


青森県ランキング