飲まずにやってられっか。

ラーメンと晩酌のブログです

エイヒレ 【東京都武蔵野市吉祥寺】

f:id:nomazuni:20200122120025j:image

東京都武蔵野市は吉祥寺にある

「エイヒレにおじゃましました。

ハモニカ横丁内にある立ち飲み屋です。

 

 

f:id:nomazuni:20200122120054j:image

ハモニカ横丁吉祥寺駅の北口を出てすぐ目の前。

戦後の闇市をルーツにもち、

入り組んだ細い路地の周囲に

飲食店などがびっしりと軒を連ねています。

こじんまりとした店や屋台風の店が多く、

昭和の香りが漂う中にどこか都会的な新しさも感じられ、

とても良い雰囲気の横丁です。

 

何件か行きたいお店をピックアップしてきたので

どこにしようかと先ずはぶらぶら横丁内を物色することに。

ハモニカキッチンに、コパンダ、美舟、万両、などなど。 

 

どこも良い感じでしたが、

「お兄さん、空いてますよ!どうですか!?」と、

呼び込む元気なお姉さんの声につられて、

こちらのエイヒレさんに入ることにしました。

 

2階もある立ち飲みスタイルの居酒屋で、

カウンターと小さいテーブルが何脚かあり、

私が入ったときは4、5人しかいなかったお客さんが

徐々に増えて行って、30分もすると

トイレに行こうにも、外に出ようとしても

肩と肩が、おしりとおしりがぶつかり合う

プチ満員電車状態に。

 

そんな状態でも、お姉さんは通りを歩く人に、

「空いてますよ~」と声をかけています。

さすがは東京だなあ。

 


f:id:nomazuni:20200122120003j:image

とりあえず生ビールを発注しつつ、

アテを物色。

 

ビールはサッポロ。いい泡立っています。

 


f:id:nomazuni:20200122120016j:image

おすすめメニュー。

 


f:id:nomazuni:20200122120007j:image

カキフライ。

からりと揚がった小ぶりな牡蠣が4つ。

付け合わせなし。

拘りの三ツ矢ウスターソースと練り辛子で食べる

男気感じるカキフライです。

 

調理担当は店主さんでしょうかね。

常連さんと賑やかにおしゃべりする

元気なお姉さん店員さんとは対照的に、

黙々と厨房で包丁を捌きフライパンを振り続ける

ちょっと強面の男性です。

 

少しだけお話させていただきましたが、

温和な口調でとても優しい方でした。

 


f:id:nomazuni:20200122120010j:image

刺身はカンパチ、ヒラメと、

もうひとつは失念。

 


f:id:nomazuni:20200122120019j:image

お酒は厳選された全国の銘酒が7銘柄。

秋田が2つもあるのに青森がない…。

ので、青森の酒をアピールしておきました。

 


f:id:nomazuni:20200122120022j:image

秋田のまんさくの花と、

富山の三笑楽をいただきました。

 

ようやくお酒も回ってきて、

隣のお客さんとも打ち解け始め、

さあ、もう少し飲もうかな、

と、思っていると

 

先述のごとく、店内は正にすし詰め状態になり、

こりゃ、とても長居する状況じゃないなと退店。

 


f:id:nomazuni:20200122120013j:image

店の外までお客さんがあふれかえっています。

 

ビールと日本酒2杯、アテが2品で、

勘定は1400円。

店をでてから、あれ?と思いましたが、

まあいいよね。

 

ごちそうさまでした☆

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森県情報へ
にほんブログ村

 


青森県ランキング

 

洞くつ家 【東京都武蔵野市吉祥寺】

f:id:nomazuni:20200119202049j:image

ラーメン+ほうれん草+のり

東京都武蔵野市は吉祥寺にある

「洞くつ家」におじゃましました。 

都内でも人気の高い家系ラーメン店で、

店頭に大きく六角家姉妹店と掲げてあります。


年末の東京遠征でまず向かったのは吉祥寺。

 

さくっと飲んで食べて明日に備えよう、

と思ったら、

思いのほかハモニカ横丁で飲みすぎて、

どうやって宿についたかわからないくらい

ヘベレケになってしまいました。

 

なので断片的に記憶はありますが、

この店でラーメンを食べた記憶も

今となっては曖昧なんですよね。

味の感想は意外と普通にスマホに記録してあったので

記事を書くのには苦労しませんでしたが、

どこで記憶が飛んだのかすごい不安です。

 

しかも、泊ったのはカプセルホテルで、

朝起きたら着の身着のままでスリッパも履いたまま、

カプセルのカーテンも降ろさずに寝ていて、

こりゃやばい!

と思ってポケットや財布をまさぐったら

クレジットカードが見当たらないときた。

 

結果的にジャケットのポケットに入っていて

何も紛失していなかったのでよかったですが

旅先で飲みすぎるのは良くありませんね。。。

 

 

f:id:nomazuni:20200119202109j:image

さて、

メニューはラーメン、チャーシューメンに

トッピングとシンプルな構成で、

100円増しでつけ麺に変更できる模様。

六角家の名物、キャベチャーもあります。

 

ラーメン(750円)に

のり多め(100円)、

ほうれん草多め(100円)で注文したようです。

 


f:id:nomazuni:20200119202112j:image

以下、メモのまま。

スープは油多めで注文した割には鶏油感が弱く、

豚骨臭もマイルドで、醤油ダレも穏やかな

いわゆるバランスタイプの家系。

 

問題なく旨いのだが、井上家基準で考えるとかなりライト。

 

麺は酒井製麺であろう短めの中太平打ち麺。


チャーシューは小ぶりな肩ロースが2枚。

 

のりは8枚なので100円で5枚増し。

やや薄いだが、風味、コシはしっかりしている。

 

ライスを注文するのを忘れた。


健康のためにもほうれん草増しはマスト。

 

このレベルの店で通し営業で26時までやっているのは有難いが、

また来たいと思わせるインパクトはなかった。

人気店を相手になかなか辛口ですね(汗)。

 


f:id:nomazuni:20200119202107j:image

今度は素面でおじゃまします。

ごちそうさまでした☆

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森県情報へ
にほんブログ村

 


青森県ランキング

 

サカナバル サンチャン

f:id:nomazuni:20200113185314j:image

弘前市駅前町にある

「サカナバル サンチャン」におじゃましました。

大町共同パークの近く、カネヨビルの2階にある和洋折衷居酒屋です。

 

nomazuni.hatenablog.com

 

新鮮な魚介類が旨いのはもちろんのこと、

メニューもなかなか凝ったものが多く、

オープンして1年半くらいですが、

今や予約必須の人気店になりましたね。

 

今回は忘年会で

2時間飲み放題付きのコースをいただきました。

 


f:id:nomazuni:20200113185256j:image

前菜。

小さいけどアワビ(嬉)。

プロシュートもサラミも本格派。

このワンプレートだけで1時間は飲めるよね。

 


f:id:nomazuni:20200113185306j:image

毛ガニの甲羅盛り。

小さめですが一人一杯。

これはテンション上がる。

 


f:id:nomazuni:20200113185318j:image

つづいて刺し盛り。

一人前でこのボリュームと内容。

前半で一気に畳みかけてくる狙いか?

もっとゆっくり飲ませてくれ。

 


f:id:nomazuni:20200113185325j:image

サンチャンと言えば牡蛎

生牡蠣、焼き牡蠣、ワイン蒸しから選べます。

一人一個?全部食べれるんじゃないの?w

 


f:id:nomazuni:20200113185322j:image

お酒も人気どころをしっかり押さえています。

 

が、

飲み放題の酒はそれなりのものしかないので、

日本酒党、ワイン党は別注文。

コースに合わせて飲み放題の質も上げてくれないかな。

 


f:id:nomazuni:20200113185303j:image

お口直しが飯寿司って。

もっと、酒が欲しくなるじゃないか。

 


f:id:nomazuni:20200113185259j:image

からの、

じっくり煮込んだビーフシチュー。

旨いけど、ここは魚で押し通して欲しかったな。

 


f:id:nomazuni:20200113185310j:image

〆はウニのおにぎり。

ウにぎり。

 

ふう、喰った喰った。贅沢贅沢。

え?

デザートは?ないの?w

 

完全に酒飲み仕様の絢爛コースだったので

私的には超満足でしたけど、

女性や飲まない人とってはボリュームがありすぎて

疲れる内容だったかもしれません。

 

今度は呑兵衛だけで訪問するので、

2時間コースじゃなくて4時間コースでやってくれませんかね。

日本酒もワインももっとバンバン注文するので

売り上げも上がりますよ。w

ごちそうさまでした☆

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森県情報へ
にほんブログ村

 


青森県ランキング

 

来々軒

f:id:nomazuni:20200113190620j:image

ワンタンメン(塩)+蟹肉炒飯+焼き餃子

弘前市茂森町にある

来々軒におじゃましました。

大正末期創業の超老舗大衆中華食堂です。

老若男女でいつもにぎわっています。

 

nomazuni.hatenablog.com

 


f:id:nomazuni:20200113190611j:image

大丈夫かなと思いつつ、

メニューにないワンタンメンの塩味を注文。

五目ワンタンメンはあるんですけど、

何故か、ただの塩味ワンタンメンはないんですよね。

 

おかみさんはすんなり「はいよ」と言って厨房へ。

 

その後、「ワンタンメンの塩?メニューにねえな」

という店主の声が聞こえたような気がしましたが、

問題無く配膳されました(汗)。

 

値段は醤油味のワンタンメンと同じ650円で、

大盛りは+150円です。

 


f:id:nomazuni:20200113190607j:image

蟹肉炒飯(カニチャーハン)と

焼き餃子もシェアしていただきました。

 


f:id:nomazuni:20200113190631j:image

煮干し焼干しにガラを合わせた醤油ラーメンも旨いですが、

エビが香る塩もまた絶品。

ワンタンとの相性は塩の方が上なんじゃないですかね。

ぜひとも正規メニューに加えてほしい一杯です。

 


f:id:nomazuni:20200113190640j:image

ワンタンは肉餡わんつか、皮の食感を楽しむ津軽風。

 


f:id:nomazuni:20200113190650j:image

カニチャーハン。

しっかり蟹身が入ってふっくらホワホワ。

でも、普通のチャーハンの方が好きだなあ。

 


f:id:nomazuni:20200113190623j:image

餃子は5個350円。

サクッとクリスピーな厚めの皮。肉餡みっしり。

 


f:id:nomazuni:20200113190616j:image

弘前が誇る百年食堂。

町中華探検隊がやってくるのも近いかも…。

 

ごちそうさまでした☆

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森県情報へ
にほんブログ村

 


青森県ランキング

 

みのり寿し

f:id:nomazuni:20200113185025j:image

弘前市松原西にある

「みのり寿し」におじゃましました。

松原から安原方面へと向かうT字路のちょうど突き当りにある

ひっそりと佇む隠れ家的なお鮨屋さんです。

 

職場の定例会で年に数回使わせていただいており、

今回は忘年会でおじゃましました。

 

大将とおかみさんの二人で切り盛りされていて、

家庭的で落ち着いた雰囲気の店内。

カウンターの他、小上がり2卓、お座敷1室があり

小宴会や家族連れでの利用も可能です。

 

メニューはお決まりから金額に応じたおまかせまで。

おまかせは要予約。

お酒は大将のご厚意により持ち込ませていただきました。

 


f:id:nomazuni:20200113185008j:image

エビマヨ。

お料理は和食が主ですが、

おまかせにすると和洋中拘りなく

美味しいものがどんどんでてきます。

 


f:id:nomazuni:20200113185003j:image

お刺身。

どの魚もしっかりと旨味がのっていて美味。

鯖が絶品でした。

 


f:id:nomazuni:20200113185015j:image

鍋は豚バラと白菜のミルフィーユ。

塩とんこつ仕立てでなかなかパンチが効いています。

 


f:id:nomazuni:20200113185011j:image

油淋鶏。

 


f:id:nomazuni:20200113185020j:image

〆はもちろん握りで。

シャリは寿司に合う米として黒石市が中心となって復活させた、

幻の米「ムツニシキ」を使用しています。

生産量が少ないため市販はされておらず、

県内の限られた鮨店でした味わえないそうです。

 

他の米よりも甘味があり粒がたっているように感じました。

 


f:id:nomazuni:20200113184959j:image

5人で2升と4合。

いい酒は朝が知っています。

しこたま飲みましたが次の日は意外とすっきりでした。

 

ごちそうさまでした☆

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森県情報へ
にほんブログ村

 


青森県ランキング