飲まずにやってられっか。

ラーメンと晩酌のブログです

らぁ麺 くろ田

f:id:nomazuni:20221203114953j:image

醤油手もみ+切れはし肉

弘前市山崎にある

「らぁ麺 くろ田」におじゃましました。

元「麺屋 たか木」がリニューアルしたお店です。

 

オープンして1年経ちますがなかなかの人気で、

しばしば週末は行列ができることも。

 

nomazuni.hatenablog.com


f:id:nomazuni:20221203114959j:image

今回は醤油手もみ(780円)に

切れはし肉(180円)をいただきました。

 


f:id:nomazuni:20221203115003j:image

黒っぽくて見た感じは二郎系の手もみ麺。

ムワッと立ち込める小麦の香りは二郎系のそれですが、

食感はかなりソフトで

ぬるもちっとしたうどんのような感じ。

 

麺に合わせてスープも調整しているのか

細ストレート麺でいただいたときに比べて

脂っぽさが目立つ印象を受けました。

 

低温調理のチャーシューはとても柔らかく、

その切れはし肉も硬いと思いきや

歯がなくてもかみ切れるレベル。

 

スープ、麺、チャーシュー、

それぞれインパクトがありますが、

一体感があるかと言われると微妙。

バランス的には細ストレート麺に軍配です。

 

 

f:id:nomazuni:20221203114956j:image

ごちそうさまでした☆

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森県情報へ
にほんブログ村

 


青森県ランキング

 

藤翔製麺

f:id:nomazuni:20221127093748j:image

親鶏つけ麺

南津軽郡藤崎町にある

「藤翔製麺におじゃましました。

幡龍グループが運営するラーメン店です。

 

nomazuni.hatenablog.com


f:id:nomazuni:20221127093755j:image

今回は、新たにメニューに加わった

親鶏つけ麺(大800円)をいただきました。

大盛は同料金です。

 


f:id:nomazuni:20221127093801j:image

つやつやの麺。

全粒粉を使用している模様。

最近食べていませんが、

「麺屋 幡」の麺に似ているような。

 


f:id:nomazuni:20221127093807j:image

つけ汁は醤油ベースで、

たっぷりの香味油とネギが表面を覆っています。

 


f:id:nomazuni:20221127093804j:image

硬すぎず柔らかすぎず、

コシ・弾力があり良い茹で加減です。

噛むごとに小麦の甘い香りが広がります。

 

熱々のつけ汁はゆず酢が効いていてさっぱり。

と思いきや、

塩分・油分が強いためか

スープが温くなってくる後半はかなり重く感じます。

 

割りスープを足してみましたが、

割りスープ自体も温いためか然程変化を感じませんでした。

 

 

f:id:nomazuni:20221127093752j:image

具材はたっぷりのネギと、

短冊切りのチャーシュー、メンマ。

つけ汁の底には親鶏のミンチが沈んでいます。

 


f:id:nomazuni:20221127093758j:image

ごちそうさまでした☆

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森県情報へ
にほんブログ村

 


青森県ランキング

 

げんこつ屋

f:id:nomazuni:20221120104016j:image

にぼし中華

弘前市泉野にある

「げんこつ屋」におじゃましました。

インパクト絶大なチャーシューメンが有名なラーメン店です。

 

nomazuni.hatenablog.com


f:id:nomazuni:20221120104022j:image

にぼし中華(600円)と

半チャーハンのセット(350円)をいただきました。

 


f:id:nomazuni:20221120104019j:image

熱々のスープに平打ち中細縮れ麺。

さほど煮干し感は強くありませんが、

前回2年前にいただいたときよりも

かなり美味しく感じました。

 

チャーシューは帯状のバラチャーシューから

大きめの肩ロースに変わったようです。

件のチャーシューメンのチャーシューは

どうなったのか気になります。

 


f:id:nomazuni:20221120104013j:image

げんこつ屋といったら半チャーハン。

個人的半チャーハンランキング上位のお店です。

チャーシューやナルトがたっぷり入っていてボリューミー。

 


f:id:nomazuni:20221120104010j:image

ごちそうさまでした☆

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森県情報へ
にほんブログ村

 


青森県ランキング

 

チャントルーズ(CHANT LOOSE)

f:id:nomazuni:20221113075448j:image

MEALS

黒石市追子野木にある

「チャントルーズ(CHANT LOOSE)」におじゃましました。

昨年12月、黒石に移転オープンしました。

 

nomazuni.hatenablog.com

 


f:id:nomazuni:20221113075445j:image

こぎれいな店内。

以前の店舗の面影はほぼありません。

カウンター正面の大きなスピーカーからは

聞きなれない民族音楽が丁度よい音量で流れてきます。

 


f:id:nomazuni:20221113075423j:image

以前はあいがけカレーなどもありましたが、

現在は南インド風定食、

すなわちMEALS(ミールス)のみの提供です。

 

メインとなるカレーを日替わりで選べ、

ポークキーマ(1100円)を

ご飯大盛(+100円)でいただきました。

 


f:id:nomazuni:20221113075420j:image

メインのカレー、ポークキーマ。

刺激的なスパイスの香りと豚ひき肉のコク。

じわっと後から辛さがきます。

 


f:id:nomazuni:20221113075429j:image

ラッサムという酸っぱ辛いトマトスープ。

 


f:id:nomazuni:20221113075432j:image

ダルという豆のスープ。

やさしいお味でスパイスの刺激を中和してくれます。

 


f:id:nomazuni:20221113075442j:image

玉ねぎのアチャールと茄子のカレー炒め。

 


f:id:nomazuni:20221113075426j:image

ヨーグルトとスパイス味のポテト。

 


f:id:nomazuni:20221113075439j:image

大盛ごはん。

山盛りのまま食べるのではなく、

平らにならしてからカレーをかけて食べるのが

正しいミールスの食べ方らしいです。

 


f:id:nomazuni:20221113075435j:image

メインのポークキーマを数口味わった後は

ラッサムやダル、小皿のおかずを少しずつ混ぜ、

味の変化を楽しみます。

 

酸味、辛味、苦味、旨味、

一口ごとに毎回異なるスパイスの風味が

怒涛の如く口の中に広がります。

これはクセになりますね。

スパイスカレーに沼る人が多いのがわかります。

 


f:id:nomazuni:20221113075417j:image

一見するとわかりにくい建物。

ごちそうさまでした☆

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森県情報へ
にほんブログ村

 


青森県ランキング

 

夢を語れ 青森

f:id:nomazuni:20221105105419j:image

ラーメン小

弘前市本町にある

「夢を語れ 青森」におじゃましました。

 

「ながれぼし」での間借り営業期間を経て、

元「わらじ屋」の場所に

今年の4月にオープンした二郎系ラーメン店です。

若い店主さんと助手さんの2名で切り盛りしています。

 

「わらじ屋」は上司が好きな居酒屋で

しばしばご相伴にあずかったことがあります。

閉店した時は寂しかったですが、

7月に元店舗(現・夢を語れ)の真隣で営業を再開しました。

バーだった店舗を居抜きで使用しているので、

元のわらじ屋の雰囲気は全くと言っていいほどありません。

 

願わくば元の店舗で復活して欲しかったですけど、

どういういきさつがあったのか、

何もすぐ隣に店を出さなくてもな…。

 


f:id:nomazuni:20221105105422j:image

さて、

基本メニューはラーメンのみですが、

汁なしもできるようです。

麺の量は並・小・ミニが同料金。

 

300gを食べきれる自信がなかったので

小(200g)をいただきました。

 


f:id:nomazuni:20221105105425j:image

有料トッピングが豊富です。

ニンニク・ヤサイ・アブラ・カラメは配膳前にコール。

ニンニクアブラマシでお願いしました。

 


f:id:nomazuni:20221105105413j:image

スープはやや乳化しており

豚のコクとアブラの甘味を感じます。

液体アブラは結構多めですが

くどさは皆無で食後も胃がすっきりしていました。

 

麺は不規則な縮れが入った平打ち太麺。

コシ・弾力が強いゴワムチ食感です。

麺量200gだと食中食後、

二郎系としてはやや物足りない感覚だったので

次回からは躊躇なく並300gでいただきたいと思います。

 

 

f:id:nomazuni:20221105105416j:image

豚が旨いですね。

しっとりホロホロで脂身はトロトロ。

厚さがあるため1枚でも十分食べ応えがあります。

 

ヤサイはキャベツ多めでクタめの茹で加減。

量はデフォルトだとやや少なめです。

 


f:id:nomazuni:20221105105410j:image

休日は常時行列ができていますが

平日の11時だと並ばずに入店できました。

 

ややコスパは悪い印象ですが

かなり美味しい二郎系でした。

一文路推しでしたがちょっと揺れています。

再訪したいと思います。

ごちそうさまでした☆

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森県情報へ
にほんブログ村

 


青森県ランキング