飲まずにやってられっか。

ラーメンと晩酌のブログです

三笠食堂


「三笠食堂」

 自然薯ラーメン
 
碇ヶ関の三笠食堂におじゃましました。
 
自然薯ラーメンが有名な老舗食堂です。
 
昭和に戻ったかのような歴史を感じる店構え。
 
国道沿いながらこの界隈は年季の入った店や住居が多い気がしますね。
 
 
暖簾をくぐると愛想よくおかみさんが出迎えてくれました。
 
子供にも気遣ってくれて親戚の家に遊びに来たみたいな感覚です。
 
 
メニューは写真の通り食堂メニューを網羅。
 
壁にもたくさん短冊が張ってあります。
 
自然薯ラーメンだけでも結構種類があり、
 
自然薯餃子(3個)と小鉢(ピーマン炒め)、お新香、ご飯がセットになった
 
自然薯ラーメンセット(950円)に惹かれつつも
 
自然薯ラーメン(650円)にしました。
 

 

 
店主オリジナルという
 
自然薯を巻いたチャーシューが特徴的ですが、
 
真骨頂はスープにあり!
 
 
かなりハイレベルな津軽煮干中華です。
 
尾上の大十食堂を濃い口にしたような味わいでものすごく好み。
 
大十食堂は焼干しではなく
 
煮干を焼いたものを出汁に使用していると聞いたことがありますが、
 
こちらも同じ手法をとっているのでしょうか。
 
 
自然薯を練り込んだ特製麺を使用していて、
 
ツルツル食感の中太平打ち縮れでやわめに茹でてあります。
 
麺の感じも大十食堂に似ている気がします。
 
 
自然薯チャーシューは味が染みすぎていてしょっぱかったのが残念ですが
 
しっとりした絶妙な食感で自然薯うんぬんより
 
チャーシューそのもののクオリティが高いです。
 
 
メンマも良く味が染みていています。
 
黒胡椒がまぶされていますがあまりスープの邪魔にはなりません。
 
蒲鉾も飾り切りされていて手が込んでいますね。



 

これで650円は素晴らしいと思うし、
 
普通の中華そば(500円)も絶対旨いに決まってる。
 
津軽の食堂文化は素晴しい!
 
ごちそうさまでした☆
 
 

ブログ村
https://localeast.blogmura.com/aomori/ranking.html