飲まずにやってられっか。

ラーメンと晩酌のブログです

銀山温泉仙峡の宿 銀山荘 【山形県銀山温泉】

 

おばんです☆

 
 
東北自動車道を古川ICで降り
ナビに従い目的地の山形県尾花沢市にある銀山温泉
 
だんだんと道路端の家が少なくなり
うねる山道へと入っていき少し開けたなと思うと
すぐ銀山温泉街への案内が
 
丁度、宿へ向かう途中に酒屋さんをみつけたので
よい山形の地酒がないかと物色
お、これいいかも~^^
と1本お買い上げ♪
 
銀山温泉には多くの風情あふれる温泉宿が並びますが
今回は温泉街から少し離れたこちらの宿を予約しました
 
 
銀山温泉仙峡の宿 銀山荘」
 
 
銀山温泉へ向かって車を走らせると初めに見えてくる宿です
銀山温泉街は一般車両は進入できないため
指定された駐車場に駐車しチェックインを済ませた後
早速、温泉街へと向かいました
 
徒歩5分くらいで到着
 
 
「銀山川」を挟んで両側に立ち並ぶ大正、昭和初期に建てられた宿や
橋上に立っているガス灯がノスタルジックな雰囲気を醸し出しています
中には当時の建築に習い現代風に再現したと思われるモダンな建物もあり
非常に清潔に整備が行き届いています
 
温泉街には土産物屋さんが多く
豆腐屋さん、食堂などもあります
青森市浅虫温泉の名物「久慈良餅」と呼称が同じ
「くぢら餅」がこちらの温泉街でも名物として販売されていました^^
 
 
 
足湯があり
温泉街の酒屋さんで買った地ビール「月山」を飲みながら
足湯につかり長時間の運転で疲れた足を癒しました♪
 
至福のひとときですなぁ(笑)
 
温泉街はぐるりと回っても10分かかるかどうかでそんなに広くはなく
温泉街を過ぎ散策路を進むと渓流沿いに見どころがあるらしいのですが
雨がこぼれてきたためそのまま宿に引き返しました^^;
 
 
宿に戻った後は温泉へ
 
宿の規模の割には小さい内湯です
かけ流しではないと思われます
 
 
露天風呂へ出ると外の景色が一望できます
紅葉や雪の季節は絶景でしょうね
 
この時期は虫が多いので
苦手な人はちょっときついかも^^;
 
 
寝湯もあります
温めのお湯で景色を眺めながらゆっくりと浸かれるのですが
やはり虫が気になりました^^;
 
風呂を出るころにはすでに夕食の時間に
 
夕食はすべて指定の会場での食事となり部屋食はできないようです
私たち家族は小宴会場へ
広いお部屋ですが、小さい子供がいたためか私たち一組だけでした
 
宿へ来る途中で購入した地酒を飲みたかったのですが
持ち込みは基本的にできないとのことで
生ビールをいただいて乾杯です♪
 
あとは
写真を中心にどうぞ
(お料理の名前を覚えていないだけです^^;)
 
 
山形の名物「だし」がありますね^^
 
 
尾花沢牛でしょうか
 
 
 
口の中で溶けます!
 
 
 
 
お料理は品数が多く
どれも上品な味で満足しました♪
ちょっと不満かなと思うのは
山の中の宿なのに海の食材が多いことですかね^^;
 
思った以上にお腹が膨れたので
それ以上はお酒も飲めず温泉にも入らずすぐに寝てしましました^^;
そして早起きして朝風呂に入り2度寝
最高ですなぁ(笑)夏休みじゃないとできないです^^
 
朝食はビュッフェ形式でした
品数が多くついつい食べ過ぎてしまいました^^;
 
今回は温泉街から離れたこちらのお宿に宿泊しましたが
銀山温泉へ再訪する際は
銀山川沿いの大正情緒あふれる宿に泊まってみたいと思います☆