飲まずにやってられっか。

ラーメンと晩酌のブログです

三忠 塩分町分店

f:id:nomazuni:20190316112845j:image

中華そばとミニかつ丼のセット

 

弘前市塩分町の三忠食堂におじゃましました。

津軽百年食堂のモデルとなった三忠食堂の分店です。

昔は東長町や川端町、富士見町にも分店があったのですが

いずれも閉店してしまいました。

 

塩分町分店は松森町分店が移転したもので

現在、分店はこの塩分町分店しか残っておりません。

 

学生時代や社会人なりたての頃は、

川端の三忠によくお世話になっていましたが、

当時は三忠が何店舗もあったなんて知らず、

食べ歩きを始めて気が付いたら、

本店と塩分町しか残っていない状況でした。

 

ということで、

こちらのお店には初めておじゃまします。

 

古き良き蕎麦屋食堂の佇まいです。

移転の際に真新しい建物にしなかったのは、

屋号が持つ老舗のイメージを壊したくなかったためでしょうか。

 
メニューはそば・うどんに、中華そば、

ご飯物と一通り網羅しています。

今回は中華そば(600円)と

ミニかつ丼(500円)をいただきました。

 

すると、

ランチセットの方がお得ですよ。

と、店員のお兄さん。

 

セットはミニ中華とミニかつ丼で750円。

それを+100円で普通盛りの中華にできるというじゃありませんか。

 

すなわち、

ミニかつ丼は半額の250円ということになります。

超お得じゃないですか。

黙っていれば250円儲けたのに、

お兄さん、親切だわー。

 

 

f:id:nomazuni:20190316112840j:image

先ずは中華そばから。

 

醤油ダレを抑え、煮干、節、昆布の出汁味を前面に出したスープ。

自家製の多加水縮れ麺は啜り心地が良く、

麺を引き上げる度に出汁の良い香りが立ち上ります。

 

少々の酸味と仄かな生姜の風味が後を引くポイント。

 

あー、ほっとする。

正しく、津軽弘前の中華そばです。

 

しっとりジューシーな肩ロースチャーシューも

さり気なくハイクオリティだし、

メンマ、ネギ、お麩も抜かりなし。

 


f:id:nomazuni:20190316112849j:image

ミニとは思えないボリュームのかつ丼は、

おそらくかつは揚げ置きでしょう。

海苔の風味と、甘口のタレでご飯が進みます。

あまり火を通さずシャキシャキ感を残した玉ねぎも旨いですね。

 

500円なら相応といったところですが

250円でこのなら間違いなく破格です。 

 

本店の方が圧倒的に知名度が高い三忠なので、

分店というだけでちょっと侮っていたかもしれません。

味もコスパも非の打ちどころがありません。

本店とは違った魅力があります。

 

昔から弘前に住んでいながら、

もっと早く食べておくべきでした。

 

ごちそうさまでした☆

 

 

ブログ村

 https://localeast.blogmura.com/aomori/ranking.html