飲まずにやってられっか。

ラーメンと晩酌のブログです

ながれぼし

f:id:nomazuni:20211127140306j:image

煮干し中華そばあっさり+大盛メンマ煮玉子

弘前市宮川にある

「ながれぼし」におじゃましました。

先週は「夢を語れ青森店」の

間借り営業のためお休みしていましたが

通常営業に戻りました。

 

nomazuni.hatenablog.com

 

朝ラーは休止し現在は昼営業のみとなっています。

店内外は模様替えされていて、

カウンターもテーブル席も仕切りが増えた分

席数は少し減ったようです。

 

 

f:id:nomazuni:20211127140258j:image

お、とんこつ醤油やってる。

うーん、でも今日は予定通りあっさり太麺で。

大盛(100円)、メンマ増し(100円)、

煮玉子(100円)で計900円。

今日は夜勤なのでしっかりエネルギー補給。

 


f:id:nomazuni:20211127140300j:image

一口目の熱々スープがめちゃうま。

煮干も醤油も少し控えめなんですけど

10周年を迎えて益々、

洗練された味わいになってきました。

 

あとはやっぱり麺だなあ。

小麦香るぶりんぶりんのもっちり食感の

現行麺も決して悪くはないですけどね。

あっさりのスープだと

どうしても麺の方が勝っちゃう。

中太麺復活しないかな。

 

煮玉子は半熟具合、味の入り方とも完璧。

メンマは繊維感をきちんと残しつつも

しっとりサクッとかみ切れる極上物。

薄味なので卓上の醤油ダレや一味などで

味変していただくとより美味しくいただけます。

お持ち帰りして晩酌のアテにしたい逸品です。

 


f:id:nomazuni:20211127140303j:image

ところで、

間借りしていた夢を語れの店主さんのSNS

来年4月に青森店オープン予定とありましたが

弘前市内で独立するのでしょうか。

 

城東には千乃介ができましたし、

俄かに二郎系が活気づいてきた感があります。

星二郎もまたやって欲しいですね。

 

胃袋を鍛えておかないとなあ。

ごちそうさまでした☆

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森県情報へ
にほんブログ村

 


青森県ランキング

 

FUSION

f:id:nomazuni:20211123145709j:image

弘前市駅前にある

「FUSION/フュージョンにおじゃましました。

オープンして2年くらいの

ヨーカドーの向かい側にあるワインバーです。

 

高級感のある扉を開けるのに

門前払い喰らったらどうしようと躊躇しつつ、

勇気を出していざ入店。

 

重々しい雰囲気の外観とは異なり、

白を基調とした店内は

意外とオープンでカジュアルな感じ。

紫色の間接照明が近未来的で素敵です。

 

スタッフは店主さんと女性店員さんの2人体制。

店主さんはソムリエの資格を有しており、

予算や好みに応じて

おすすめのワインをチョイスしてくれます。

 

店の奥に構えるセラーには

お手頃なワインから高級なものまで

垂涎のワインたちがずらり。

 

いろいろ飲みたかったので

店主さんにお任せして

グラスで泡、白、赤といただきました。

 

 

f:id:nomazuni:20211123145720j:image

ポール・バラ。

泡の量が半端ないっす。

グラスはジョセフ・ペリエミモザグラス。

男同士で乾杯。

 

外で飲むシャンパーニュは格別ですなあ。

 

 

f:id:nomazuni:20211123142835j:image

お通し①。

燻製カマンベールチーズ。

良い感じで水分が抜けていて旨し。

 

 

f:id:nomazuni:20211123142833j:image

お通し②。とんかつ。

衣さっくりしっとり厚切り。

2人で1枚とは言え、

2件目のおなかにはちょっとボリューミー。

 


f:id:nomazuni:20211123142828j:image

白はこの3本を2人でシェア。

サンセールも良かったですが、

家飲み価格で購入可能な

NZソーヴィニヨンブランの印象が強く残りました。

 

アルザスリースリング

この日飲んだワインの中で一番おいしかったです。

 


f:id:nomazuni:20211123142830j:image

赤はアメリカのこってり系。

手前のアナベラは高級ワイン「オーパスワン」と同じ

オークヴィルという地域で作られるハイコスパワイン。

お値段はオーパスワンの10分の1。

サラリーマンのオーパスワン。

 

子供たちが稼ぐようになって、

父の還暦祝いに

オーパスワンをプレゼントしてくれるのは

あと何年後かなあ。

それまで健康でいないと。

 

昨日それを話したら、

10本ワイン我慢して自分で買えばいいじゃん

と言われましたw

 

ごもっともです。

ごちそうさまでした☆

 

 

 

らぁめん 井上家?

f:id:nomazuni:20211120142503j:image

担担麺

弘前市稲田にある

「らぁめん 井上家?」におじゃましました。

腰痛のため休業していた井上家が再開したと思ったら、

担担麺専門店になっていました。

 

nomazuni.hatenablog.com

 

店主、奥様はいつも通りの井上家。

しかし、

井上家の看板は外されており

店内にも家系を感じられるものはなくなっています。

 

 

f:id:nomazuni:20211120142506j:image

メニューは担担麺と汁なし担担麺の2種ですが

汁なしは休止中。

トッピングは温泉たまごのみ。

ごはん50円。

 

担担麺とごはんをいただきました。

 


f:id:nomazuni:20211120142510j:image

ビジュアルは濃厚そうに見えるスープも、

啜ってみると意外とさっぱりしています。

 

酸味はなし、胡麻も濃すぎず、

辣油の辛さは控えめで

ほんのり花椒のシビれが舌に残ります。

緑の油は青梗菜ペーストでしょうか。

 

麺はパツパツの細ストレート麺。

どこの製麺所かはわかりませんが東京の方でしょう。

謝の煮干の麺に似ていると思いました。

 

薬味の貝割れと玉ねぎの

シャキシャキした歯ごたえが

よいアクセントになっています。

 

甘く煮た牛すじ肉のミンチや、

豚挽肉の旨味がスープに溶け込んでいて

物足りなさはない一方で、

井上家の面影は皆無。

 

濃厚クリーミーな担担麺を予想していると

肩透かしを食うかもしれませんが、

丁寧な作りを感じさせる

完成度の高い担担麺です。

 

ごはんはそのままはもちろん、

おすすめはスープに投入しての担担雑炊でしょう。

家系のときよりも少し柔めの炊き加減なので、

スープが少し冷めた後半でもよく馴染んで食べやすいです。

 


f:id:nomazuni:20211120142508j:image

でもですね、

刷り込みというか、

行動依存というか、

この場所で食べるラーメンは

井上家(家系)じゃないと満足できないんですよね。

 

それがもう食べられないとなると、

弘前に住んでいる意味なんてない。

ブログのアイキャッチも変えないと、

ていうか、もうブログやめよかな。

くらいの喪失感を今、覚えています。

 

入口のドアに書かれた

「家系ラーメンはお休みしております」の文言に

再開の意図を感じないでもないですが、

このまま井上家のラーメンがなくなったとしたら、

井上家中毒者はどうしたらよいのでしょうか。

 

壱角家は論外、

山岡家ときどき無性に食べたくなるけど違うし、

五所川原や東バイパスの長尾、

あるいはよご家まで行きますかね…。

 

 

f:id:nomazuni:20211120142500j:image

担担麺に転じた理由が店主さんの腰痛だとしたら、

家系ラーメンを作るのは

相当腰に負担がかかる重労働ということです。

大量のガラを運んで下処理し、

寸胴を撹拌するのがきつくないわけがないです。

 

担担麺で店を再開した理由は分かりません。

店主さん、ご家族の健康が第一です。

また家系ラーメンを食べられる日が来るのを

楽しみに待っています。

 

長文駄文失礼致します。

ごちそうさまでした☆

 

 

 

酒場食堂 福ちゃん

f:id:nomazuni:20211114121817j:image

弘前市南横町にある

「酒場食堂 福ちゃん」におじゃましました。

 

8月にオープンした新しいお店です。

ランチ営業もしていて

最近よくSNSで見かけるので気になっていました。

 

この場所にはかつて、

かくみ小路に移転した「藤寿司」がありました。

向かいには「寿司大蔵」や「焼肉みなみ亭」、

少しはなれて「やまさん」など、

繁華街から少しはなれた場所ですが

飲食店が集中しています。

 

アットホームな和風居酒屋調の店内は

カウンターと小上がりが4卓。

関西弁のマスターと若い女性店員さんの2人体制です。

 

金曜の夜に予約して伺いましたが、

客入りは少し寂しい感じでした。

コロナも落ち着いてきた昨今、

早く客足が戻って欲しいですね。

 


f:id:nomazuni:20211114121836j:image

レギュラーメニュー。

串カツがメインのようです。

一品ものが充実しています。

 


f:id:nomazuni:20211114121824j:image

生ビールはアサヒスーパードライ

1杯目はとてもクリーミーな絶品泡でしたが、

2杯目は普通でした。

 

2杯目を注いだのは女性店員さんかな。

要修業ですぞ。

 


f:id:nomazuni:20211114121819j:image

おすすめメニュー。

お刺身やらいろいろ注文しました。

 


f:id:nomazuni:20211114121839j:image

お刺身5種盛合わせ。

2人だったので

2人前2皿注文しましたが、

1皿が2人前くらいのビッグサイズ。

 

つけ醤油が甘い九州醤油です。

店主さんは九州の人かな。

 


f:id:nomazuni:20211114121826j:image

鍋が美味しい季節です。

仙台風のセリ鍋。

津軽の鍋にもセリは定番ですが、

セリの根っこってあまり食べませんよね。

 


f:id:nomazuni:20211114121831j:image

アルコールメニュー。

飲み放題もあります。

日本酒、ワイン党の当方としましては

ちょっと物足りないラインナップですが…

 


f:id:nomazuni:20211114121814j:image

ワイングラスでいただく豊盃は

なかなか美味しかったです。

 


f:id:nomazuni:20211114121822j:image

鮪のホホ肉刺し。

間違いなくこのお店のイチ押し。

 

表面を香ばしく炙っていて、

少し繊維の残ったお肉みたいな食感。

ニンニクと塩胡麻油でいただきます。

九州醤油も良く合います。

 


f:id:nomazuni:20211114121842j:image

白子刺し。

660円は安いなと思ったけど量は少なめ。

盛り方を変えればもう少し美味しくなりそう。

 


f:id:nomazuni:20211114121829j:image

串カツおまかせ5本盛り。

薄めの衣でカラリと揚がっています。

専用のソースか塩でいただきます。

 


f:id:nomazuni:20211114121833j:image

随所にみられる関西色が

個人的にはツボなお店でした。

ごちそうさまでした☆

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森県情報へ
にほんブログ村

 


青森県ランキング

 

たかはし中華そば店

f:id:nomazuni:20211113155200j:image

中華そば

弘前市撫牛子にある

「たかはし中華そば店」におじゃましました。

1年ぶりの巡礼。

 

津軽のレジェンド。

濃厚煮干中華の祖。

ニボ中の聖地。

観光客がたくさんいらっしゃってました。

 


f:id:nomazuni:20211113155157j:image

今回は中華そば(800円)をいただきました。

 


f:id:nomazuni:20211113155205j:image

昔のたかはしを知っている人にとっては

今の味は物足りないかもしれませんが、

ホッとする味というか、

たかはしでしか味わうことのできない

唯一無二のスープ。

 

改めて感じる麺の旨さ。

チャーシューの存在感。

 

染みました。

 


f:id:nomazuni:20211113155202j:image

ごちそうさまでした☆

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森県情報へ
にほんブログ村

 


青森県ランキング